« 雑556:バス研修で、介護老人保健施設「しょうわ」を見学 | トップページ | 路266:花いっぱいのお店が »

2017年6月 8日 (木)

雑557:SASとCPAP

酔仙は4年前に、SAS(睡眠時無呼吸症候群)と診断され、以来、毎晩CPAPを装着して寝ている。まあ、放っておくと気道が塞がるので、マスクを着けて外から空気を押し込む装置である。

CPAP装置はP社のリース方式。月一回かかりつけのお医者さんにデータを見せて診察してもらえば、健保適用となり月5,000円ほどの自己負担額。それを死ぬまで払い続けるわけだから、考えれば、リース会社とお医者さんにとっては、安定、安全売り上げを囲い込みできる美味しい商売だろう。絶対に、裏で手を組んでいるんだろうな。(+_+)

さて、昨7日は、CPAPの機器の更新ということで、新しいセットが送られてきた。昨年の更新の時は、P社の担当者が訪問してくれて、説明やセッティングもしてくれた。今年は、人件費節減のためか、佐川急便で機器だけ届けられ、古い機器をその場で送り返すことに。

20170607cpap_001

機能的には改良されているようだが、旧の機種とはかなり仕様が変更されているので、トリセツを全部読み返しながら、やっとセッティングを終える。

『これでは、年寄りにはセッティングが難しいし、トリセツにも解りにくい所がある。大幅な仕様変更の時は、以前のように担当者が来訪すべきではないか』とコールセンターに申し立てをした。

「貴重なご意見をいただきありがとうございます。さっそく上席に報告して参考にさせていただきます。」と、マニュアル通りの回答だった。(>_<)

|

« 雑556:バス研修で、介護老人保健施設「しょうわ」を見学 | トップページ | 路266:花いっぱいのお店が »

コメント

酒を飲んだ後の、ホストのあの爆睡は何じゃら
ほいと思ってたのですが、そういう事でしたか。
恐らく熟睡してないんでしょうね。
でなければ、あれほど長時間眠れんでしょう。

投稿: yone | 2017年6月 9日 (金) 21時50分

おや、先日は爆睡していましたか。
昔からよくいびきをかくというので、山小屋や
旅館でのお泊りは、「いびき部屋」組でした。

なにせ、本人には自覚症状はありませんので
SASという言葉が普及する前は、ほとんど
潜在患者だったのでしょう。いびきだけなら
まだ軽いのですが、途中で呼吸が停止して
長引くようだと危ない。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年6月10日 (土) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/65386363

この記事へのトラックバック一覧です: 雑557:SASとCPAP:

« 雑556:バス研修で、介護老人保健施設「しょうわ」を見学 | トップページ | 路266:花いっぱいのお店が »