« 路264:追越注意 | トップページ | 雑554:水虫の再感染 »

2017年5月17日 (水)

雑553:手摺が消火栓

A市のO神社に参拝した時、山の尾根の突端にある境内まで、200段余りの石段を登ってゆく。神社仏閣の石段には手摺があるのが普通だが、ふと見ると、こんな説明が貼りつけてあった。

20170509_008

『明治13年に神社が火災にあったことから、昭和12年現在の神社建設時にその教訓を生かして設置。現在も立派に水を通しております』と。

なるほど、経験をいかすことは大切だ。

それに比べて、3.11震災後まだ日も浅いのに、五厘招致、原発再稼働、一億総監視に突っ走る亡国AB独裁政権はどうしたものだか。

心ある人は、粘り強く、五厘反対貫徹を。

(↓クリックして拡大)

20170516


|

« 路264:追越注意 | トップページ | 雑554:水虫の再感染 »

コメント

A市のO神社とありますが、奥さんと一緒に行かれた故ですか?

投稿: yone | 2017年5月18日 (木) 10時05分

そうです。ブログ嫌いのカミサン同行です。
といっても、写真をクリック拡大すると
場所は読み取れます。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年5月18日 (木) 10時38分

苦労したはりますな。

投稿: yone | 2017年5月18日 (木) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/65292503

この記事へのトラックバック一覧です: 雑553:手摺が消火栓:

« 路264:追越注意 | トップページ | 雑554:水虫の再感染 »