« 政107:殺人の前に遺体遺棄 | トップページ | 本176:筒井康隆御大の恐育勅語 »

2017年5月10日 (水)

雑552:お米という字は、お百姓さんが八十八回・・・・

酔仙の世代は皆、「お米という字は、お百姓さんが八十八回手に掛けて育てるからなのだ」と教えられて育ってきた。稲作民族にとってお米は単なる食料ではなく、信仰である。水戸黄門が俵に腰かけてぶんなぐられるのも、米粒踏んだら眼が潰れるのも、当然である。

ところが、今日、近所の自動精米所に出かけて、びっくり仰天した。誰かが精米した後に誤ってこぼしたのか、二、三合の白米がそのまま床に捨てられている。バチが当たるぞ、ほんまに。

20170510_001

酔仙が拾って持ち帰るべきか、かなり悩んだが、この物騒なご時世だから、殺虫剤入りなどの可能性もあろうかと、泣く々々放ってきた。

そういえば、ご飯を食べ終わった後、ご飯粒を余さないように、お茶をいれて「おゆすぎ」するのも、親たちから習った礼儀である。

20170510_003

ところが、酔仙のバカ息子が、バカ友達から「それは汚い食べ方だ」と言われたというだけで、「おゆすぎ」するのを止めてしまった。この次に帰省してきたら、引っ叩いてでも躾をし直さねば。そのバカ友達とバカ友達のバカ親も躾し直さねばならない。

ほんとに亡びるぞ、この国は。

|

« 政107:殺人の前に遺体遺棄 | トップページ | 本176:筒井康隆御大の恐育勅語 »

コメント

埼玉の酔仙様

わたしたちは、おコメを大事にするよう教えられて来ました。しかし、米屋さんに言わせると
コメが一番安い食品だと言います。パン、うどん、そばなどコメよりも高くつきます。他の
食品も大事にしなくてはいけませんね。

小学生のいるある親は「給食費を払っているのだから、頂きますは言わなくていい。」といったそうです。意味をはき違えています。
亡国の親たちですね。
   一平

投稿: 水無月一平 | 2017年5月10日 (水) 22時27分

「お客様は神様です」と言われたので
「金を払えば神様だから、何を言ってもいい」
などとはき違えた人も増えています。

作り手、売り手、買い手、お互いがあっての
社会なんですが。少し考えれば判る道理が
なかなか通じなくなっている、暮らしにくい
社会です。

選挙で勝ったのだから、「お友達」にいっぱい
振る舞ってもいい。相手の言うことを無視しても
いい。原発再開して、軍隊派遣しても、憲法を
改悪してもいい。文句があるなら選挙で勝ってみろ。
そんな末世亡国の時代に両足を突っ込んでいる
ようです。


投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年5月10日 (水) 22時49分

祖母から、弘法大師だったか聖徳太子だったか
忘れましたが、便所に落ちていた米粒を拾って
食べられたのだから、米を粗末にするなと、
よく言われました。
団塊の世代の親爺よ、頑張れ!!

投稿: yone | 2017年5月12日 (金) 11時47分

「もったいない」精神も大事ですが、ことお米に
関しては、それを越えた、信仰レベルでの
自分の根っこを守ることにつながります。
決して偏狭な民族主義などではありません。

たかが米粒、金にして何銭何厘のものか、と
言うようになれば、民族、文化の根っこにある
感性を失って、末は亡国に至ると思います。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年5月12日 (金) 14時16分

亡国一直線の日本。しかしABも「多臓器不全」で風前の灯火の命の状況。破れかぶれで常識では考えられない思考方法。家族は健康第一で早く辞めてほしいと考えているのに、現職のままで終えたいと思っているみたい。今や後継者間の争いは応仁の乱状況。しかし、いずれは元の健全な状況に戻るかもしれないと、淡い期待を抱いている。

投稿: 湘南の風 | 2017年5月13日 (土) 11時48分

ABの道連れにだけはされたくないものです。

『元の健全な状況』といわれても、この国の
過去の歴史はいつも不健全だったような。
「まだしもましな状況」に戻ってほしいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年5月13日 (土) 23時56分

歴史は不可逆的に、よりよく進むしかないので
いずれは!と淡い期待は抱いています。
弁証法的に振り子のごとく振れるのが歴史の過程
だとすれば、今、右に振れている振り子もいずれ
揺り戻しにさらされるだろうと考えるのは、
チョッと甘ちゃんでしょうか?・・・

投稿: アンクル | 2017年5月14日 (日) 22時42分

歴史は進化していくというのは、ここ暫らくの
近代欧米思想に限定された発想ではないかと
酔仙はそう思います。

インドのように、宇宙は永遠に輪廻を繰り返して
いるのだという方が、まだしも安定感があり、
納得ができるのですが、ひょっとして、振り子の
揺れを繰返しながら、終末に向かって進んでいる
のではないか、などと考えると恐ろしいです。

そもそも人類の数が多すぎる。日本だけを見ても
縄文時代の人口ピークで26万人、弥生時代60万人
奈良時代577万人、江戸時代3,000万人。
今は1億2千万人。
次の関東大震災に目をつぶって、東京五厘などと。
やはり、レミングのように、終末に向かってABが
走っているのでしょうか。


投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年5月14日 (日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/65261920

この記事へのトラックバック一覧です: 雑552:お米という字は、お百姓さんが八十八回・・・・:

« 政107:殺人の前に遺体遺棄 | トップページ | 本176:筒井康隆御大の恐育勅語 »