« 遊299:力士蔵祭りのご案内 | トップページ | 遊300:虎渓山永保寺 »

2017年2月20日 (月)

雑547:酔仙酒造の地酒

市内のスーパーで買い物していたら、岩手の酔仙酒造の「地酒」を見かけたので、同じ名前つながりで買って帰った。やや濃いめの味わいで飲みやすい。

20170219003

2011年の震災で蔵ごと津波に流されてしまったのだが、元気に復興しているようでうれしい。

http://suisenshuzo.jp/

|

« 遊299:力士蔵祭りのご案内 | トップページ | 遊300:虎渓山永保寺 »

コメント

友人にもらって飲んだことがあります
サラッとした味わいだったような・・・
こちらからお名前を拝借されたのかな?と勝手に
想像してました・・・

投稿: アンクル | 2017年2月20日 (月) 16時18分

『酔仙』は、もともと酒仙李白から起こった称の
ようです。
”李白一斗詩百篇”(杜甫の飲中八仙)とか
酔って水面の月を捉えようとして溺死したとか。

横浜中華街入口の酔仙酒家は、残念ながら
昨年2月末に店仕舞いしました。
http://blog.goo.ne.jp/chuka-champ/e/397a624bb7b6e68c749a172bc6fd78fe

自分の雅号は、勝手気ままに称しています。
学生時代には黒豹子、その後、酔胡、酔仙と。
篆刻では、少し真面目に胡仙と付しています。
胡仙は狐仙に通じるので、そうまじめでもない鴨。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年2月20日 (月) 21時33分

「胡仙」には、悪い意味があるんですか?

投稿: yone | 2017年2月21日 (火) 07時49分

ちょっとひねった意味づけですね。

聊斎志異には、狐やら仙人やらが沢山登場して
活躍します。
「胡人」は、えびす、西方からの商人などを
示していますが、「胡」と「狐」とが同音
なので、胡さん、といえば狐が人間に化けて
住んでいる、というイメージですね。
仙術を自在に使い、民間に交じって暮らして
いる狐の仙人、なんて楽しそうです。
キツネじゃなくてタヌキだろう、という人が
いる鴨。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年2月23日 (木) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/64918035

この記事へのトラックバック一覧です: 雑547:酔仙酒造の地酒:

« 遊299:力士蔵祭りのご案内 | トップページ | 遊300:虎渓山永保寺 »