« 本174:FAKEな平成史(本の旅人:森達也) | トップページ | 印152:希夷斎氏刻「雪月」印二顆 »

2017年1月30日 (月)

雑546:振り込め詐欺、これで壊滅

相変わらず、振り込め詐欺、オレオレ詐欺が蔓延している。警察やら、自治会やら、県・市からも、注意書きがいっぱい回覧されてくるが、一向に減る気配がない。

20170130

酔仙に言わせれば、これは対策の方向性が完全に間違っている。世間のじいちゃん、ばあちゃん、おじさん、おばさんが100%騙されないように啓発すれば終息する、と思っているのだろう。しかし詐欺集団も知恵を絞ってくるのだから、1%はやはり騙されてしまう。100回電話をかけて、99人が「詐欺だろう」と電話を切ってしまい、最後の一人が騙されてくれれば、この商売は成り立つのである。

であれば、最も有効な対策は唯一つ。「詐欺電話がかかってきたら、騙されたふりをして犯人を誘導してください。うまく逮捕に結びついたら、表彰状と金一封10万円を差し上げます。」というキャンペーンである。

99人のうち9人がその気になって待ち構えていれば、下っ端は次々と逮捕。上手くいけば上層部も芋づるで逮捕。そこまで行かなくても、この詐欺商売は採算が取れなくなって終息するのは疑いなし。

予算は、百人逮捕して1千万円。10億円の予算で1万人逮捕すれば、間違いなく根絶できる。こんな小学生でも思いつく対策なのに、警察のお利口さんたちが一向に手を付けようとしないのは、はて、自分たちのメシのタネが無くなっては困る、とでも考えているのだろうか。酔仙はつい邪推してしまう。

ちなみに酔仙は、一度だけ株式詐欺っぽい電話がかかってきてガチャンと切ったあとで詐欺電話と気がついた。その後、次の機会には騙し返してやろうと、手ぐすね引いて待っているのだが、まだかかってはこない。

|

« 本174:FAKEな平成史(本の旅人:森達也) | トップページ | 印152:希夷斎氏刻「雪月」印二顆 »

コメント

うちには時々投資も兼ねてマンションを買わないか・・と
電話が掛かってきてました。
よぉく熟れた話し方のハンサムかも知れない男の子。
ついつい相手をしてしまいそうに。
あと、NTT関連会社っぽい名前の所から"通信回線費用が
安くなる"のもよく来ます。
こちらは棒読みみたいな女の子の電話。1000円程度の
差ならメンドくさいと断っています。

投稿: ぷうぷう | 2017年2月 1日 (水) 22時38分

それにしても、世間のじいじ、ばあばはお金を持っているのですね。100万円~1,000万円を右から左へ即座に動かせる余裕があるなんて信じられません。
我が家では1万円を捻出するのにも大変な努力をします。もし電話があっても振込詐欺に対応できません。
余っているお金があるのならこちらに回してほしいですね。
金は使わなければ価値が無い。「金は天下のまわりもの」振込詐欺もある意味では貢献しているのかもしれませんよ。眠っているお金を掘り起こしているんですから。

投稿: 川崎の酒仙 | 2017年2月 1日 (水) 23時22分

>ハンサムかも知れない男の子・・・
対面して詐欺をするには、イケメンやいかした
オジサマが必要条件。電話詐欺の場合は、
イケボイスとでもいうのでしょうか。

>通信回線費用が安くなる・・・
というのは、酔仙も一度、話に乗って切替えてみましたが
結局、手間がかかった割に、たいして安くも
ならなかった。あれは、代理店が、切替えさせて
一件ナンボの手数料を稼ぐだけで、NTTなどの本体は
自分の手を汚さずに手数料を餌に顧客囲い込みを
狙うものですね。

>余っているお金があるのならこちらに・・・
といって獲りこんだら犯罪ですよ。(>_<)
昔の詐欺事件と言うのは、お金が余っているのに
なおもお金を増やしたい、という欲の皮の突っ張った
人種を狙った知能犯でしたから。まあ、我々
貧乏人からは鼠小僧のようにみられる場合も
ありました。

こういう振りこめ詐欺は、小金を握った半認知症の
老人が増え、アルバイト感覚で手を貸す鈍な
若い者が増え、その他もろもろの要因が重なって
蔓延しているのでしょうがねえ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年2月 2日 (木) 09時37分

お久しうございます
天魚です

なまけブログにコメントいただいたのに
全然気づかず…

拝察通り
相も変らぬご活躍のご様子
大慶の至りです。

今後とも
よろしくお願い致します!

投稿: 天魚 | 2017年2月 4日 (土) 17時37分

天魚師匠にはご無沙汰しておりますが、時々伺う
學屠龍室日記では、相変わらずお元気のようすで
何よりです。

酔仙もこの一月にようやく初孫をいただき、今日も
顔を見に成瀬の息子夫婦の宅まで出かけてきました。
希夷斎氏にお願いして出来上がった「雪月(ゆづき)」
印二顆を届けましたが、本人はあずかり知らぬこと
ながら、息子たちには喜んでもらえたようです。
酔仙自身の自刻印は、もう少し時間がかかります。

3月の古河の篆刻会展の作品もまだ仕上がっては
いないし。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年2月 4日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/64830377

この記事へのトラックバック一覧です: 雑546:振り込め詐欺、これで壊滅:

« 本174:FAKEな平成史(本の旅人:森達也) | トップページ | 印152:希夷斎氏刻「雪月」印二顆 »