« 雑533:S市市制30周年記念式典 | トップページ | 遊287:クラス会で神楽坂、お茶の水を歩く »

2016年10月12日 (水)

雑534:新しい老人ホーム

酔仙の家から南に10分ほど歩くと、葛西用水の脇に古い家があった。大きな農家だったのだろうか、ケヤキ造りの立派な門が残ってはいたが、維持できる人もいないのか、敷地はすっかり樹や竹に覆われてバードサンクチュアリ状態、門も年月と共に傾き崩れてきた。道を挟んだ空き地と合わせて1,000坪ばかりもあるだろうか。

(↓クリックして拡大)

20161012_003

昨年になって、重機が入り、たちまち広い更地になってしまった。その後に、何が建つのかなと見ていたら、最近になってこんな看板が。

20161007_002

介護付き有料老人ホームか。S市周辺でも最近ずいぶん増えてきている。あと10年もたてば酔仙の団地も限界集落になるのだろうが、さて我が身はどうなることやら。

|

« 雑533:S市市制30周年記念式典 | トップページ | 遊287:クラス会で神楽坂、お茶の水を歩く »

コメント

看板に書かれたものと系列と思われる老人ホームが近所にあり、
嘗て亡妻の母親が入居していました。
今は別の施設に入っております。

投稿: yone | 2016年10月12日 (水) 19時53分

政治の不作為を民間業者が営利事業で埋める
というパターンなんでしょうか。
当初の資本投下額が大きいだけに、大型資本に
よるチェーン展開も多いようです。
”老後の沙汰も金次第”ですねえ。

終活の前に、老人ホーム選びの情報収集も
やらなければ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年10月13日 (木) 00時48分

すでに"独居老人" である私にも切実な問題であります。
各種判断・決定・行動には体力も知力も(財力も)不可欠ですが、
それがもうダメな感じがし始めてます。

先日も・・・ あ、止めときます。
アレ? と思った時に自分の方が間違ってるかも・・と引く方が
行動としてエレガント(まだしも見易い)と判断しちゃうのよ。

投稿: ぷうぷう | 2016年10月14日 (金) 07時59分

町内でも、
夫婦暮らし>老々介護>独居老人>空き家・・・・・
という過程が進行しています。
高度成長期に社会資本の蓄積を怠ったツケが
今、まわってきているんでしょうか。

アレ? と思った時・・・「お前が間違ってる」と
突っ込むのが老人なんですが、一歩退くのが
いいのか悪いのか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年10月14日 (金) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/64337989

この記事へのトラックバック一覧です: 雑534:新しい老人ホーム:

« 雑533:S市市制30周年記念式典 | トップページ | 遊287:クラス会で神楽坂、お茶の水を歩く »