« 雑521:Windows10の強引な売込み(その3)>彼らはどこの国の消費者庁なのか? | トップページ | 雑523:Windows10の強引な売込み(その4) »

2016年6月24日 (金)

雑522:サボテンの花

梅雨の合間、町内での通りすがりにウチワサボテンの花を見かけた。軒先に地植えのままで元気に咲いている。

20160622_001

酔仙の子供の頃は、サボテン、切手、熱帯魚が三大流行で、酔仙は中学高校と庭に温床まで作ってサボテンを集めていた。大学に入って2,3ヶ月後、下宿先から帰省すると7,8割が腐っていて、それで熱も醒めてしまった。

今でも、この光沢のあるサボテンの花を見ると、なんだか懐かしさを感じる。

|

« 雑521:Windows10の強引な売込み(その3)>彼らはどこの国の消費者庁なのか? | トップページ | 雑523:Windows10の強引な売込み(その4) »

コメント

酔仙様

サボテン、切手、熱帯魚、そうでしたね。
しかし、成績優秀な貴君なので、さぞかし勉強
ばかりしていたのだろうと思っていたのですが、そんな優雅な趣味を持っていたとは! 
驚きです。感心します。
  水無月一平

投稿: 水無月一平 | 2016年6月25日 (土) 22時20分

勉強と言っても、大体は一夜漬けで済ませて
ばかりだったので、あまり身に付かなかった
ようです。

趣味の世界にも、あちこち頭を突っ込んでは
きましたが、結局三日坊主ばかりで終って
しまったような。この道ン十年で大成している
人はうらやましいですが、まあ自分の人生は
こんなもんだったのかなと思うこの頃です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年6月26日 (日) 07時54分

私の知り合いの名家のボン(成績も優秀)を思い出しました。

カブスカウト=>ローバースカウト、伝書鳩、囲碁、蘭。。
今も小さな庭に温室を作って蘭を愛で、去年はニューギニア
まで買い付けに行ったらし。
その留守中に奥さんが『私も好きなことにお金遣う・・』と
私にステーキランチ(2000円)を御馳走してくださいました。

投稿: ぷうぷう | 2016年6月27日 (月) 17時01分

そういえば酔仙も伝書鳩を飼っていました。
中学の部活では、ヤギも飼っていたし。

ラン収集は、酔仙のような貧家の息子には無理で、
富豪の道楽息子の趣味でしょう。ちょっと浦山しい。

ステーキランチなどは可愛いもので、いっそのこと
瓢亭で会席膳なんてのはどうでしょう。
お相伴の声がかかれば、タイコをもって駆けつけます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年6月27日 (月) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/63823438

この記事へのトラックバック一覧です: 雑522:サボテンの花:

« 雑521:Windows10の強引な売込み(その3)>彼らはどこの国の消費者庁なのか? | トップページ | 雑523:Windows10の強引な売込み(その4) »