« 政095:一歩、また一歩二歩と | トップページ | 雑496:HW駅のみどりの窓口が »

2016年2月12日 (金)

雑495:朝日の「漱石」、次のドジョウは

朝日新聞の、漱石「門」連載も、いよいよ終盤の参禅の下りに入った。

この後に続く、「吾輩は猫である」と「夢十夜」の連載予告が掲示された。柳の下のドジョウはまだまだいるらしく、第5弾、第6弾である。やや暗い話が続いたので、ちょっと方針替えかな。まあ、そういう酔仙も、まめに切り取りを続けているのだが。

(↓クリックして拡大)

20160212_

|

« 政095:一歩、また一歩二歩と | トップページ | 雑496:HW駅のみどりの窓口が »

コメント

「門」や「「夢十夜」は、朝日新聞に連載
されたものですが、「吾輩は猫である」は
「ホトトギス」に。

投稿: yone | 2016年2月12日 (金) 13時50分

日本の著作権の保護期間は死後50年までなので
漱石については、もちろん誰でも活字に出来ます。
ただ、解説などのからみもあるから、子孫の
誰がしなどへは、菓子折りでご挨拶、なんて
ことはあるんでしょうか。

漱石の長男純一は、莫大な印税で、外遊贅沢三昧
しかし、孫の房之介の時には、一銭の印税もなく
云々と、房之介がどこかに書いていましたね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年2月12日 (金) 14時28分

成程.

投稿: yone | 2016年2月12日 (金) 16時23分

一時期、アメリカの圧力で、著作権保護期間を
死後50年から70年に延長せよ、という
議論が出ていましたが、当面は見送りのままに
なっています。

なお文京区の漱石旧居「猫の家」は、酔仙も
見に行きましたが、石碑が残るばかり。
塀の上を歩いているような猫の銅像が、さりげ
なくて洒落ていました。
http://saitama-no-suisen.cocolog-nifty.com/httpsaitamanosuisencocolo/2012/11/index.html

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年2月12日 (金) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/63198820

この記事へのトラックバック一覧です: 雑495:朝日の「漱石」、次のドジョウは:

« 政095:一歩、また一歩二歩と | トップページ | 雑496:HW駅のみどりの窓口が »