« 印128:「胡仙」印3顆 | トップページ | 遊268:権現堂堤の水仙 »

2015年12月27日 (日)

雑488:切干し大根作り

関東平野の真ん中も、空っ風の季節となり、毎日晴天と風の日が続く。なので、畑の大根の保存用に、切り干し大根を作っている。

20151227_001

2、3日晴れが続けば、きれいに出来あがる。

20151227_005

削った皮のところは、昆布と出汁をあわせて半日おけば、今晩のお通し一品となる。これは、アンクルさんからの応用。

20151227_004

|

« 印128:「胡仙」印3顆 | トップページ | 遊268:権現堂堤の水仙 »

コメント

「削った皮のところ」とは?

投稿: yone | 2015年12月27日 (日) 13時19分

大根の皮の部分は固いので、ピーラーで削いで
取り除いてから、残りを切干しにします。
皮の部分は捨てずに、キンピラにするか、
こういうお通しにするか、いろいろ食べ方が
あります。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年12月28日 (月) 14時54分

大根は包丁で切ったのでしょうか。
そうであれば見事な包丁さばきですね。細さもそろって入るようですし、細く切れています。
機械でしょうか。
酒のつまみが豊富で良いですね。

投稿: 川崎の酒仙 | 2015年12月28日 (月) 22時14分

最初はピーラーでやってみましたが、ちょっと
細すぎるので、時間はかかるが包丁で切ってます。
太いのと細いのと不揃いになりますが、まあ
それも味のうちかと。

切干し大根は二日酔いにも効く、などと言われて
ますので、さっそく正月料理の後にでも頂き
ましょうか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年12月29日 (火) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/62947408

この記事へのトラックバック一覧です: 雑488:切干し大根作り:

« 印128:「胡仙」印3顆 | トップページ | 遊268:権現堂堤の水仙 »