« 雑471:大腸の内視鏡検査 | トップページ | 本161:占領下の日本(別冊宝島) »

2015年7月30日 (木)

雑472:手作り(3)水苔取り

熱帯魚の水槽の維持も、それなりに手間暇がかかる。ガラス面に着く水苔を放っておくと、お魚も見苦しくなるので、時々こすりとらねばならない。最初は、水苔を食べるイシマキガイを飼ってみたのだが、水苔を食べ尽くすと貝の方が飢え死にしてしまう。(T_T)

市販の水苔クリーナーを買ってきたが、どうも大きすぎて使い勝手が悪い。なので、自分で作ってみた。材料は百均の竹の杓文字と苔取り用の不織布のクロス。

20150729_001

杓文字を適当に切ってヘラ形にし、クロスを巻いただけで出来上がり。

20150729_003 20150729_004

なかなか使い勝手が良い。お魚も喜んでいるかな。

20150729_006

|

« 雑471:大腸の内視鏡検査 | トップページ | 本161:占領下の日本(別冊宝島) »

コメント

イシマキガイは、飢え死にしても、魚の糞
は食べてくれないんですか。
ふーん

投稿: yone | 2015年8月 1日 (土) 19時51分

イシマキガイは雑食ではなく、岩やガラス面の
苔だけを食べるのです。正確には、『岩石に
付着した微細藻類などの微生物が形成する
バイオフィルムを歯舌で削り取って摂食する』
のだそうです。

イシマキガイを飢え死にさせないように維持
するには、ガラス面に光を十分当てて、苔が
育つようにすればいいわけですが、アレ?
それでは本末転倒になってしまう。(笑

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年8月 2日 (日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/61988056

この記事へのトラックバック一覧です: 雑472:手作り(3)水苔取り:

« 雑471:大腸の内視鏡検査 | トップページ | 本161:占領下の日本(別冊宝島) »