« 印117:今日から許我篆刻会展 | トップページ | 路251:早咲きの桜 »

2015年3月23日 (月)

雑439:菜の花を酒肴に

毎春3月恒例の、菜の花を使った酒の肴一品。いつもは3月初旬に咲き始めた菜の花を探しに出かけるのだが、今年は長男の結婚式や篆刻会展などでどたばたしていて、今日やっと近所の土手に出かけた。ほぼ満開の花が風に吹かれていたが、蕾もまだまだ取れる。

20150323_003 

ざっと湯がいて、イカの塩辛と卯の花をそえただけで、お通し一品。料理とも呼べないが、春の雰囲気を味わえた。

20150323_006 

さて、お花見の季節はもう目の前である。

|

« 印117:今日から許我篆刻会展 | トップページ | 路251:早咲きの桜 »

コメント

私の場合は、スーパーで買うてきた高知産
の菜の花を、“汁もの”(サイクルがあ
って、今はLDL対策上、味噌汁)に入れて
炊くだけという、料理以前の食べ方です。

投稿: yone | 2015年3月27日 (金) 20時50分

私も今日いただいた "小鉢いろいろランチ" には菜の花の
芥子和えが付いていました。メインは鯖の味噌煮(上半身)、
冷や奴、ジャーマンポテト、酢豚風、厚揚げ煮物に味噌汁、
お新香。

デッサン教室のある日はいつもここでランチしてます。
酔仙サンところのお料理はいつもおいしそ。

投稿: ぷうぷう | 2015年3月27日 (金) 21時03分

>yoneさん
酔仙もコレステロール予備軍なのですが
以前に、産業医のお医者さんとの話で
「食餌療法で対応する気は無いんですか?」
「ありません」
「では、薬で下げましょう。死ぬまでですよ」
ということになって、以来ずっと、お薬を
飲み続けています。

>ぷうぷうさん
デッサン教室の後にはいろいろランチか。
優雅ですねえ。
この時期の菜の花は、春らしさを感じさせて
くれます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年3月28日 (土) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/61325821

この記事へのトラックバック一覧です: 雑439:菜の花を酒肴に:

« 印117:今日から許我篆刻会展 | トップページ | 路251:早咲きの桜 »