« 路250:古河の写真館 | トップページ | 雑434:PCCの新年会 »

2015年1月12日 (月)

雑433:吉永小百合「まぼろしの邪馬台国」

今晩は、BS朝日で「まぼろしの邪馬台国」を観る。島原鉄道の社長にして盲目の民間考古学者宮崎康平を、そしてそれを支えた妻を、竹中直人と吉永小百合が演じる。

20150112_004 

観ながら、どうも、竹中直人演じる宮崎康平の描き方が、ちょっとエキセントリックというか、大げさというか、いくらなんでもそこまでは、というか、実際にこんな人がいたら大迷惑だろうなあ、という感じがした。Wikiの実録とはちょっとずれもあるようだし。

さはさりながら、小百合さまが演じられるのであるから、まあ目をつぶって、よしとしよう。

|

« 路250:古河の写真館 | トップページ | 雑434:PCCの新年会 »

コメント

僕は天邪鬼やから、酒井和歌子ファンでしたよ。

投稿: yone | 2015年1月13日 (火) 18時35分

団塊の世代にして非サユリストとはけしからんなあ。
ひばりとさゆりは、我々のDNAではないか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年1月13日 (火) 20時09分

何年か前、この映画を映画館で見ました。
竹中直人の演技はオーバー過ぎると私も思いました。
当時の映画評論家の評もそのように言っていたように新聞に書かれていましたね。
テレビでやっているとは思いませんでした。
邪馬台国は本当に何処にあったのでしょうね。


投稿: 川崎の酒仙 | 2015年1月14日 (水) 09時40分

お千代さんもええよ。
人生いろいろ、女もいろいろやんか。

投稿: yone | 2015年1月14日 (水) 09時41分

ワタクシめも和歌子派です・・・

投稿: アンクル | 2015年1月14日 (水) 10時32分

邪馬台国論争は、親魏倭王印がどこかから
発掘されるまでは片付かないでしょう。
可能性としては、伝天皇陵古墳なんですが、
上田正昭先生は「私の目の黒いうちに発掘を」
が口癖でしたけれど、当分見込み薄です。

酔仙的には、文化は、中華→半島→島へと
流れているので、まず北九州に王朝が出来て
それが東遷して畿内に入り、更にその後に
半島から騎馬民族が東侵した、というふうに
考えています。

あ、アンクルさんも和歌子派とは。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年1月14日 (水) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/60965679

この記事へのトラックバック一覧です: 雑433:吉永小百合「まぼろしの邪馬台国」:

« 路250:古河の写真館 | トップページ | 雑434:PCCの新年会 »