« 雑404:やっとケータイ入門 | トップページ | 印104:許我篆刻会展が始まった »

2014年3月15日 (土)

雑405:コリアンダー、別名は香菜、パクチーとも

そろそろ春物の準備である。今年は、スーパーなどではあまり売っていないコリアンダーを、初めて蒔いてみることにした。真ん丸いコロコロした種を爪先で割ると半球形の実が二つ、それを一晩 水に浸けてから蒔く。

20140315002

英語名のコリアンダーだと、乾燥した葉、種を、ハーブとして料理の香りづけに使うイメージだが、生の葉っぱは、まったく違った香りで、人によっては悪臭だといって手を付けない。

中華料理では香菜(シャンツァイ)、タイ料理ではパクチー、皆同じものである。日本語では「こえんどろ」。もっとも、これはポルトガル語からの転訛だそうである。昔、酔仙は、台湾料理店の台南担仔で、シャンツァイを乗っけたケーシー・ターミー麺を食べてとりこになった。

自家製の香菜がうまく育ちますように。

5/2 追記

おかげで、うまく発芽して、順調に育っている。もうすぐ、少しすぐってお皿にパラパラッと使えそうだな。

20140502_001

|

« 雑404:やっとケータイ入門 | トップページ | 印104:許我篆刻会展が始まった »

コメント

ヴェトナム北部の少数民族を訪ねる旅に
おいても、コリアンダーには好く出会い
ました。
PHOには、別の皿にドカッと出てくるので、
適当に摘まんで“トッピング”して食べます。
あるおばさんは、その都度、「ぱくちー!!」と叫んで、見るのも嫌そうでした。

投稿: yone | 2014年3月16日 (日) 07時38分

この香り、もしくは臭いが独特です。
ドクダミのようなカメムシのような。
鮒ずしやクサヤの干物などの、動物蛋白の
発酵系との臭さともまた違います。

最初の一、二回で慣れるとクセになるのですが
だめな人は全く受け付けません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年3月16日 (日) 10時48分

我が家のは、夏ごろタネを撒き芽吹いたのを
冬の間、そのままベランダに放っておきましたが
大きくはならないものの、枯れることもなく
春とともにまた育ちそうな気配です
アジア風の料理にこれは欠かせませんからね

投稿: アンクル | 2014年3月21日 (金) 16時48分

パクチー、私も大好きで市民農園を借りている時に撒いたことがあります。
しかしまぁ、徒歩15分はなんだか遠くて・・うまく使いこなせなかったわ。
この記事を読んで、ベランタでちょこっとやろか・・と思いました。
割ったり浸けたりするの知りませんでした。やるぞ!!!

投稿: ぷうぷう | 2014年3月30日 (日) 11時51分

>ぷうぷうさん。
歩きお遍路区切り打ちから昨夕帰宅したところ、
出立前に蒔いたコリアンダーのプランターに
ちょうど双葉が出始めたところでした。
今から種を買ってきてプランターにでも
蒔けば大丈夫だろうと思います。

台南担仔麺の味が懐かしいです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年3月30日 (日) 16時43分

>アンクルさん。
春蒔きだとトウ立ちまでの期間が短いが
秋蒔きなら生育期間が長いので、それだけ
長く採集できる、と書いてありました。
今回の出来具合を見て、またいろいろと
試してみたいものです。

どんな料理に合わせるかも面白そうです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年3月30日 (日) 16時55分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の見本 | 2014年5月 2日 (金) 14時48分

ご来訪ありがとうございます。
今のところ順調に苗が育っていますので
もうすぐパラパラッと料理に使えそうです。
ちょっと追加の写真もアップしてみます。

就活応援のお仕事も、この時季なかなか
大変だろうと思います。こちらはとっくに
リタイヤ済みで、次は終活のほうに手を
つけなければならない頃ですが、エンディング
ノートのテンプレートなんぞがあれば
便利なんですがねえ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年5月 2日 (金) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/59298793

この記事へのトラックバック一覧です: 雑405:コリアンダー、別名は香菜、パクチーとも:

« 雑404:やっとケータイ入門 | トップページ | 印104:許我篆刻会展が始まった »