« 遊214:新年散策会で築地場外を歩く | トップページ | 路242:ギンナン拾いの注意書き »

2014年1月29日 (水)

雑390:シャトレーゼの樽出しワイン

シャトレーゼは冷菓や甘い物のお店なのだが、店頭で樽出しワインというのも売り出しているので、昨日はじめて買ってきた。手で開け閉めできる栓のついたこんな瓶の代が¥150。生ビールのような樽から、シュワーッと注いでくれる。

20140129003

白ワインもあるのだが、今回は赤を買った。ちょっと渋みのきいた重めの味でなかなかいける。これで720ml¥720はお値打ち。どこかのレストランでハウスワインと言って出してもわからないだろうな。

次回からは空き瓶をもっていけば、中身だけのお値段だから、固定客獲得には良いアイディアだ。昔の日本酒も、こんな通い徳利で売られていたというから、歴史は繰り返すのかも。

|

« 遊214:新年散策会で築地場外を歩く | トップページ | 路242:ギンナン拾いの注意書き »

コメント

これいいですね・・・
どこのシャトレーゼにもあるのかな?

投稿: アンクル | 2014年1月29日 (水) 13時48分

滋賀県内では11ヶ店の中、近江八幡店を含めて
7ヶ店で扱ってますね。
アンクルさんも一本いかがですか。

http://www.chateraise.co.jp/shop/list.php?mode=search&pref_id=25&word=&search.x=70&search.y=10

このレトロな栓付の瓶も何かに流用できそうです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年1月29日 (水) 16時06分

「手で開け閉めできる栓」は使えそうです。

仁和寺山門前の「佐近」では、通常ボトル
買いするのですが、飲み残したボトルに
コルク栓を詰めて、スーパーのポリバッグ
で厳重に包み込む手間が省けそうです。

投稿: yone | 2014年1月30日 (木) 12時17分

佐近の高級フランスワインはラベルも味のうち。
この瓶に詰め替えるよりも、元のボトルのまま
簡単に密封できる、専用の替え栓がよろしいかと。

中の空気を抜き取って真空保存(?)する
タイプや、窒素ガスを充填してシャンパンも
保存できるタイプなどいろいろあります。
小さいペットボトルに移して空気が残らない
ようにしてから保存する、という方法も
手っ取り早くて効果的だそうです。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44805250Q2A810C1W03201/?df=3

ところで、山歩きにボトルのワインを持って行ったが
コルク栓抜きを忘れていたのに気が付いた時の
対処方法はもう言いましたっけ。
答えは、割りばしでコルク栓を押し込んでから
一瓶全部飲み干す、です(笑。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年1月30日 (木) 14時17分

やるぅ!

海外では、取っ手の無いワイン栓抜きで
引き抜くのに、大仕事をした事が何回か
あります。
コルクが潰れてしまった時には、中に
押し込んで、酔仙さんと同じ事をする
しかありませんでした。
ブログに写真を掲載したものには、悪戦
苦闘した結果のものもあります。
次回からに備えて、取っ手のあるものを
トランクに詰め込みました。

此の前、鮟鱇尽くしの旅から戻って、
「花水木」という中国料理店で食事した
時に、ポリボトルに入ったロゼを見て、
大いに迷った挙句に店の駐車場に車を
置いて帰宅しましたが、やっぱりポリ
ではねぇ。

投稿: yone | 2014年1月30日 (木) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/59030994

この記事へのトラックバック一覧です: 雑390:シャトレーゼの樽出しワイン:

« 遊214:新年散策会で築地場外を歩く | トップページ | 路242:ギンナン拾いの注意書き »