« 雑376:中三の秋がゆっくり深まって・・・・ | トップページ | 雑378:あなたは泣き方を憶えているか »

2013年11月11日 (月)

雑377:偽文士日碌(筒井康隆)の料理

術後の節酒節食中なので、ついついネットサーフィンしつつ、酒と食べ物の頁をみてしまう。筒井康隆のブログ、「偽文士日碌」には、こんな垂涎の記事が。

20131111119 

筒井御大も既に後期高齢者に入っておられるのだが、羨ましいばかりの酒池肉林の健啖ぶりである。「筒井康隆-公式サイト」の方はあまり面白くないので、 『笑犬楼大通り』から入って偽文士日碌を読むほうが楽しい。

|

« 雑376:中三の秋がゆっくり深まって・・・・ | トップページ | 雑378:あなたは泣き方を憶えているか »

コメント

此の前「うかい鳥山」で食事した後、
うかいには芝に豆腐料理店があると言う
ので、横須賀の高等遊民さんとの
飲み会で行ってみようと思って電話した
ところ、一杯で予約できませんでした。

此の頃世間の動きに疎くなっているので、
世の中は年末の忘年会シーズンである
ことの認識が希薄でした。

投稿: yone | 2013年11月12日 (火) 23時53分

「とうふ屋うかい」ですか。ググったら、
お膳には、松竹、雪月花と祝膳。
竹\5,500から雪\12,920まで、
祝膳は\15,750・・・・か。
なぜか梅がないのは、低価格帯を切捨てたのか。
酔仙には敷居が高いなあ。

笹乃雪で、鴬御膳\2,000~子規の里\6,500まで
だったら、なんとか入れるんだが。
伝法院通りで熱々のモツ、おでんが酔仙には
似合っています。

もう11月も中旬、忘年会シーズンですか。
喪中はがきも、もう5,6枚届いてます。
これからいよいよ歳末へと世情はなだれ込んで
いきます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年11月13日 (水) 10時45分

数年前50年ぶりに再会した御室小学校
時代の友人ご夫妻と、原宿の丸角
(旧ほの字)で、飲んできました。
八つ橋チーズサンドという、初めての
メニュウもなかなか美味しかったです。

投稿: yone | 2013年11月16日 (土) 00時03分

レシピをググってみたら、生八つ橋を
いろいろな素材と組み合わせていますね。
八つ橋のシナモンの香りが洋風の素材とも
合うんでしょうか。
これに合いそうなお酒を考えるのも
楽しそうです。

ん、いかん々々、また飲みたくなった。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年11月17日 (日) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/58557299

この記事へのトラックバック一覧です: 雑377:偽文士日碌(筒井康隆)の料理:

« 雑376:中三の秋がゆっくり深まって・・・・ | トップページ | 雑378:あなたは泣き方を憶えているか »