« 雑363:曼珠沙華 | トップページ | 印093:希夷斎氏の心中有心印を »

2013年9月24日 (火)

雑364:イヌマキの老樹

散歩の途中、ある家の前に、「久喜市指定天然記念物、〇〇家のイヌマキ」という解説板をみかけたので、裏手にまわってみた。生垣越しに立派な老樹が立っているのがみえる。

20130921006 

個人のお家なので中には入れないが、外から、ゴツゴツとした幹の瘤が眺められる。祖先が高野山から持ちかえって、樹齢400年とか。

20130921005 

|

« 雑363:曼珠沙華 | トップページ | 印093:希夷斎氏の心中有心印を »

コメント

旅券の増補申請に松戸市へ行って来ました。
千葉市よりもずっと空いていて、1時間ほどで
終わりました。

徳川慶喜の弟、徳川昭武が後半生を過ごした
という「戸定邸」を中心とした「戸定が丘
歴史公園」は、祝日の翌日とあって休園で
したが、春秋の樹木や花が美しいそうです。

江戸川縁まで歩きましたが、注ぎ込む
「坂川」は、綺麗な水を取り戻していました。


投稿: yone | 2013年9月24日 (火) 14時54分

慶喜については、酔仙はどうも余りいい印象
を持っていませんが、昭武は、幼少時から
東奔西走させられて、戸定に隠居したのが
30歳、享年58歳という、前半はあわただしい
後半はゆっくりした生涯でした。

東京の大きな公園は、ほとんどが江戸時代の
大名屋敷跡ですが、京大阪は大名がいなかった
ために、大きな公園、緑地に欠けるのが残念
です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年9月24日 (火) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/58256445

この記事へのトラックバック一覧です: 雑364:イヌマキの老樹:

« 雑363:曼珠沙華 | トップページ | 印093:希夷斎氏の心中有心印を »