« 政067:夢去りてまたも幸手は闇の中 | トップページ | 雑362:今年のギンナン »

2013年9月20日 (金)

雑361:庚申塔

今日の散歩の途中、小さな祠の脇で見かけた庚申塔。関西では石仏と言えばお地蔵さんだが、この辺りでは、まず庚申塔。文字だけの石塔もあるが、青面金剛と台座の三猿、というのが多い。馬頭観音は、文字の塔ばかりで、石像はあまり見かけない。

20130920_004 

じっくり見ると、それぞれに味わいがある。

20130920_006

|

« 政067:夢去りてまたも幸手は闇の中 | トップページ | 雑362:今年のギンナン »

コメント

京都東山に「大黒山金剛寺庚申堂」があり、
「四天王寺庚申堂」や「入谷庚申堂」と並ん
で日本三庚申の一つと言われ、本尊の
「青面金剛」は秦氏の守り本尊として
祀られていたそうです。
しかし、関西では庚申塚を見た確かな覚えは
ありませんね。
千葉を初め関東では、庚申塚が圧倒的です。

投稿: yone | 2013年9月21日 (土) 16時42分

庚申信仰は、道神仏習合の民間っぽい習俗
なんですが、神仏をだしにして、夜っぴいて
宴会をやったりしていたようです。
そういう信仰なら、悪くはないかな。

お地蔵さん、地蔵盆エリアと、庚申さんエリア
との境目はどのあたりでしょうかね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年9月21日 (土) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/58232040

この記事へのトラックバック一覧です: 雑361:庚申塔:

« 政067:夢去りてまたも幸手は闇の中 | トップページ | 雑362:今年のギンナン »