« 本150:折々のうた~第十までを再読(大岡信) | トップページ | 印091:古河篆刻美術館の林朗庵展 »

2013年9月 9日 (月)

雑355:重陽の節句

梅雨のような天気が続いていたが、今日は晴れ間の天気となった。9月9日は、陰暦なら重陽の節句であるが、陽暦では晴れればまだまだの暑さ。庭のムベの実も青いし、姫睡蓮も咲き続けている。

20130909_001 

20130909_002 

来週は「老人の日」。ひょいと、Wikiを見たら、高齢者の特性として、

  1. 円熟型 - 過去を後悔することもなく未来に対しても希望をもつタイプ。
  2. 安楽型 - 消極的で、現実を受け入れるタイプ。
  3. 防衛型 - 若い時の生活水準を維持しようとするタイプ。
  4. 憤慨型 - 老いに対する不満が他者への攻撃となってあらわれるタイプ。
  5. 自責型 - 人生を失敗だったと考えてふさぎこむタイプ。

があげられていた。酔仙も一応前期高齢者のお仲間だし、自戒々々。

それにつけても、東京五輪招致とやらで、ABやらINOやらの連日大はしゃぎ記事が不快極まりない。市民の2割や3割は、「それどころじゃないだろう」と思っているはずだが、マスコミは翼賛一辺倒。

今朝は休刊日で少しほっとする。かわりに”富柏村日剰”ブログなどをみて、憂さを晴らす。

http://d.hatena.ne.jp/fookpaktsuen/20130905

http://d.hatena.ne.jp/fookpaktsuen/20130908

|

« 本150:折々のうた~第十までを再読(大岡信) | トップページ | 印091:古河篆刻美術館の林朗庵展 »

コメント

成程。
過去を後悔することもあるが、未来に対しても
希望をもっているので、「円熟亜型」かな。
また、若い時の生活水準を維持しようとする
部分もあるので、「防衛亜型」でもあるかも。

投稿: yone | 2013年9月 9日 (月) 19時08分

近ごろの暴走従米右翼老害は、とか
五輪招致どころじゃないだろう、とか
田舎利権グループのへたれ市長が、とか
腹を立てているのは、憤慨型なんだろうな。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年9月 9日 (月) 22時24分

今回の五輪招致・・・
真ん中から少し右の、いわゆる善良派市民
とくくられるような大多数の人々でも、こ
れでよかったの?と思っている人がほとんど
です
もし、これでお金まわりが良くなって世の中
良くなるってホンキで思ってる人がいたら
その人は確実に精神を病んでいると思います

投稿: アンクル | 2013年9月10日 (火) 13時22分

1964年東京オリンピックは、敗戦から漸く
復興期にかかった日本にとって、それなりの
意義も効果も大きかったのですが、さて今回の
招致の意味は?

国民の目を原発や貧困化からそらせ、AB政治
と利権のためだけに、金まみれのIOCを利用
したものですね。トルコの政情不安さえ
なかったらなあ。イスタンブールで意義のある
オリンピックをやらせてあげたかった。

それにしても、いったん「お国のため」という
提灯があがると、マスコミも、(もしそんな
のがあったとして)知識人も、一億総翼賛化。
異論者は非国民扱いにされてしまう。
これから七年の間に第二次関東大震災が到来
したら、誰が臍を噛むんでしょうか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年9月10日 (火) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/58158660

この記事へのトラックバック一覧です: 雑355:重陽の節句:

« 本150:折々のうた~第十までを再読(大岡信) | トップページ | 印091:古河篆刻美術館の林朗庵展 »