« 本144:わたしの渡世日記(高峰秀子・新潮文庫) | トップページ | 本145:閲微草堂筆記(紀昀) »

2013年7月21日 (日)

雑349:良い酒を少し

ただいま"節酒"中なので、晩酌は良い酒を少し、としている。一昨日、西武春日部で見かけた日本酒の古酒、6年仕込みの「琥珀」を買って帰る。4合瓶を三日で飲むペース。日本酒に少し老酒っぽい感じで、冷やしてもぬる燗でもおいしい。

20130719003 

鮒ずし少々に家のミニトマトも添えて。

この次は美味しい紹興酒なぞもよかろうか。

|

« 本144:わたしの渡世日記(高峰秀子・新潮文庫) | トップページ | 本145:閲微草堂筆記(紀昀) »

コメント

うわぁー、これはサイコーやね。

昨晩飲んだ「松ぼっくりのウオッカ」は
少し甘くて、鮭トバを肴にして、美味しく
戴きました。

投稿: yone | 2013年7月21日 (日) 11時48分

中央アジア土産の「松ぼっくり」のウォッカとは
どんなものなのか?ネズの木でジンの風味付けを
するように、松ぼっくりを漬け込んだものか。
それとも松の実を漬け込んで食べるものか。
ちょっと味が想像しにくいですね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年7月21日 (日) 15時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/57834035

この記事へのトラックバック一覧です: 雑349:良い酒を少し:

« 本144:わたしの渡世日記(高峰秀子・新潮文庫) | トップページ | 本145:閲微草堂筆記(紀昀) »