« 路225:埼玉でペリー来航とは? | トップページ | 遊187:渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見る »

2013年3月15日 (金)

雑336:菜の花畑に月見そば

気が付けば3月も折り返し。このところ急に春らしさを取り戻してきているようだ。で、恒例の3月行事の菜の花摘み。近所の中川の堤にも、菜の花の黄色がにぎやかになってきた。

20130315_003

今日の初収穫はボウルに一杯。

20130315_005

お昼には月見そば。菜の花畑に月が出る、という見立てにしてみた。野の物のほろ苦さが春を感じさせる。

20130315_008_2

|

« 路225:埼玉でペリー来航とは? | トップページ | 遊187:渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見る »

コメント

八百屋で買って来る、束ねた菜の花(278円?)とは段違いの野趣溢れる味でしょうね。
私が10才まで住んでた町は近くに田畑も残り、春には色々と芽吹く土手もあったの
ですが、母親が完全に街中育ちで"摘み草"の習慣がゼロ。

トモダチと袋一杯に持ち帰ったツクシを食べてみたいとねだったら、そのまま(はい、
アタマもハカマも取らずに・・)醤油で煮てくれました。

タマゴの火の通り加減も絶妙な『月見そば』。そらにはトリも飛ぶ。。

投稿: ぷうぷう | 2013年3月16日 (土) 09時02分

母方のお祖父さんは岐阜の田舎の出で、酔仙も
小学生のころは遊びに行ってました。
この季節、かごいっぱいにヨモギの新芽を
摘んでくると、お祖母さんが蒸して、ヨモギ餅に
こしらえて、みんなで食べたのを憶えています。
牛小屋に牛も飼っている、古いお家でした。

菜の花、土筆、野の物を食べる習慣を伝えて
いきたいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年3月16日 (土) 11時11分

野洲市の友人に連れて行ってもらった
琵琶湖畔の菜の花畑を思い出しました。
友人は、菜の花の向こうに比良山系が
聳え立つ写真を撮ってました。

それにしても、安上がりで栄養バランスの
とれた食事作りに励んでますね。
大したもんですな。

投稿: yone | 2013年3月19日 (火) 20時00分

昔の菜の花畑は菜種油を取るための、実用的な
ものだったのですが、今は観光地の景観用か
野菜としての作物に変っています。それでも
一面の菜の花の眺めは目と心を楽しませて
くれます。

土手の野のものは苦さが特色。畑のチンゲン菜の
残り物利用のものは軟らかくてあっさりしてます。
これだけの菜の花月見そばなら、街ではそれなりの
お値段がするでしょうね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年3月19日 (火) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/56960567

この記事へのトラックバック一覧です: 雑336:菜の花畑に月見そば:

« 路225:埼玉でペリー来航とは? | トップページ | 遊187:渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見る »