« 山099:強風の中、鋸山の石段を上ったり下ったり | トップページ | 遊186:長浜慶雲館の盆梅 »

2013年2月21日 (木)

雑329:鯨の刺身

先日の鋸山の帰りの「海辺の湯」で、冷凍のミンク鯨の刺身を売っていたので、自分用のお土産に買って帰った。南極海のミンク鯨だが、製造は南房総市千倉町。

20130220_001 

酒の肴に、半分を解凍して刺身にした。電子レンジで軽く解凍して、シャリシャリ感を残して薄目に切る。うん、柔らかくて臭みもなくおいしい。

20130220_004 

それにつけても、シーシェパードなどと称する不逞の輩は、速やかに撃沈しなければならないのだ。

|

« 山099:強風の中、鋸山の石段を上ったり下ったり | トップページ | 遊186:長浜慶雲館の盆梅 »

コメント

私も去年の11月頃に、白子でのテニス合宿
の帰り道に東金辺りで、クジラ冷凍食品を
5~6種類買って帰りました。
今はもうありません。

シーシェパードなんぞは、陸に上がって
「羊の番犬」でもやっとれや!

投稿: yone | 2013年2月21日 (木) 22時23分

我々団塊の世代は、クジラ肉と脱脂粉乳とで
育ったものだから、特に思い入れがあります。
学生時代、少し小遣いに余裕のある時は
学食の鯨ステーキをほおばって栄養をつけた
ものです。

この鯨刺しのメーカーのハクダイ食品(有)は
千倉町白子の老舗メーカーのようです。
ネットでも「くじらのたれ(ジャーキー)」
などが買えるようです。
http://hakudai.com/index.htm

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年2月21日 (木) 22時50分

尾の身と水菜でハリハリ鍋がたべたい〜。
最近は合鴨の脂の多い部分でやってましたが、その代用品も最近はご無沙汰。
来週あたり、一人で貪り食おうかな。。。。

あ、洞爺湖ウィンザーホテルで二泊ゴロゴロした分を落としてからね。

投稿: ぷうぷう | 2013年2月24日 (日) 21時37分

子供のころ、肉といえばクジラでした
それしか食べられなかった、他は高価で・・・
料理のあまり上手くなかった祖母の
唯一美味しかったのが、クジラと牛蒡の
甘辛い煮つけ
今も思い出します・・・
シーシェパードの皆さんも
あまり“めクジラ”立てないで・・・

投稿: アンクル | 2013年2月25日 (月) 13時18分

>ウィンザーホテルで二泊ゴロゴロ・・・・
だからね、そういううことをしていると
アザラシ ゴ~ロゴ~ロ みたいなことに
なってしまうんですよ。
アザラシは、海中では重力ゼロだから
すいすいと泳いでいるけれども、人間は
陸上でゴロゴロになってしまうんです。
他人ごっちゃあない。用心々々。

>クジラと牛蒡の甘辛い煮つけ・・・・
うんうん、なんだか美味しそうな、
はたまた懐かしいような。
チャレンジしがいがありそうな
気がします。

>あまり“めクジラ”立てないで・・・・・
まあ、資源保護のためにとかいうのなら
歩み寄りもあるのですがね。
民族、文化間の考え方の相違を食い物にして
”かわいいクジラ”を売り物に、懐を肥やす
連中には、いいかげん欧米の愛鯨家たちも
目覚めてほしいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年2月27日 (水) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/56811452

この記事へのトラックバック一覧です: 雑329:鯨の刺身:

« 山099:強風の中、鋸山の石段を上ったり下ったり | トップページ | 遊186:長浜慶雲館の盆梅 »