« 雑306:ムベの木の毛虫 | トップページ | 雑308:地域安全暴排大会に出かけてきた »

2012年10月 5日 (金)

雑307:コンビニ振りこみ6分。銀行は、神々の黄昏か。

一年前に取り寄せしたチョーコー醤油が残りわずかになったので、またネット宅配便で注文した。4本で¥2,189。決済方法をコンビニ前払いにしたところ、企業コードと注文番号が指定される。近所のファミリーマートの店頭端末から打ち込んで、プリントされた紙でカウンターで振りこみを済ませ、帰宅すると、驚いたことに、チョーコー醤油から入金確認済みのメールが届いていた。

14:24 振りこみ

14:30 決済完了のメール受信。


20121004f_2


つまり、ファミマの端末→メインシステム→ニコス(収納代行)→チョーコーのシステム→返信メイル、まですべてリアルタイム処理で、6分しか掛かっていないのだ(驚。 しかも振込手数料はゼロ【受取人負担】。

これが銀行振り込みだったら、窓口で番号札を取って待ってから、”電信料金なら明日入金です”ということになる。

正直のところ、従来の銀行窓口での手間暇かかる振りこみ方式ならば、銀行の営業上は採算割れである。であるなら、”取扱いを消極扱いとする”のか、”採算の取れるような方法を創りだす”のか、そこが企業としての盛衰の分かれ道である。

もうひとつ。週末の香日向まつり一箱古本市の準備で、つり銭を用意するため、某M銀行へ行った。

”10円玉に両替えしたいんですが、ATMは使えますか?”→”窓口扱いになります。500円は無料、千円以上は手数料がかかります”

”では、千円札で500円分だけ両替えを”→”それでも千円分の両替えで手数料がかかりますから、ATMで500円を引き出してから両替えしてください”・・・・・・(驚。

こりゃだめだ。やはり銀行業は黄昏業界なんだろうか。困ったなあ。

|

« 雑306:ムベの木の毛虫 | トップページ | 雑308:地域安全暴排大会に出かけてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/55820911

この記事へのトラックバック一覧です: 雑307:コンビニ振りこみ6分。銀行は、神々の黄昏か。:

« 雑306:ムベの木の毛虫 | トップページ | 雑308:地域安全暴排大会に出かけてきた »