« 本121:「沈黙の町で」、から「聖痕」へ | トップページ | 本122:萩尾望都・なのはな »

2012年7月20日 (金)

雑299:久しぶりの東京駅

今日は、元の会社の同期の飲み会で、久しぶりに東京駅まで出かけた。通勤経路だった時にくらべて、あちこち様変わりしている。

復元駅舎の新しいドームはきれいに外観が出来上がっているが、内装はまだ工事の真っ最中が続いている。

20120720_007

ドーム内側の内装もかなり装飾的になりそうだ。

20120720_001

丸の内OAZOの丸善で本や文具を見て回ってから、八重洲北口のほろよい横丁、「ひとつと家」で4時から飲み会が始まる。20名近い参加者で賑わった。

20120720_015


まだまだお仕事中の者が半分ほどもいるようだ。早くリタイアして遊べばいいのに、と酔仙は思うのだが、仕事が生きがいというのでは仕方がない。

|

« 本121:「沈黙の町で」、から「聖痕」へ | トップページ | 本122:萩尾望都・なのはな »

コメント

色んな施設や店が出来てますね。
次からの諸会合は、是非ともこの辺りに
して、視野を広めていきたいものです。

投稿: yone | 2012年7月21日 (土) 19時26分

10月には駅舎内部や新しい地下街も
完成するそうです。それにしても、赤羽、
上野、大宮など、新しいエキナカや地下街が
できると、どこもきらきらしたきれいなお店
ばかりが増えて、通りには腰かけるベンチも
公衆電話もない。

酔仙には、古い飲み屋街のほうがしっくり
きます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年7月24日 (火) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/55241154

この記事へのトラックバック一覧です: 雑299:久しぶりの東京駅:

« 本121:「沈黙の町で」、から「聖痕」へ | トップページ | 本122:萩尾望都・なのはな »