« 山085:梅雨の晴れ間の妙義山は登ったり下りたり | トップページ | 本120:筒井康隆の「聖痕」、朝日新聞連載へ »

2012年7月 4日 (水)

雑295:25年物の梅酒

昔々に仕込んだ梅酒。封を開けるとすぐに無くなるので、もったいないと床下や棚の奥に仕舞いこんだままのが幾瓶かある。思い直して、元気に飲めるうちに飲んでしまえと、引っ張り出してきた。「’87.6.14.梅酒」の貼り札もほこりだらけ。25年物、四半世紀か。(^_^;)

20120704_25_002

ペットボトルに汲み出して、2.8リットル余りあった。ごみや濁りは、意外に少なかった。

20120704_25_006

取りあえず、今日の晩酌にロックで一杯。さすがに、舌からのどに沁みていく味わいである。今月の尾瀬山行に持っていきましょうか、とは言ったものの、それまで残っているかどうか?

20120704_25_008

|

« 山085:梅雨の晴れ間の妙義山は登ったり下りたり | トップページ | 本120:筒井康隆の「聖痕」、朝日新聞連載へ »

コメント

Vintage Wine に匹敵。
涎が出ますね。
是非とも、ゼミの酒宴に。
それが叶わなければ、ご自宅へ
出掛けても好いですよ。
それだけ価値がある。

投稿: yone | 2012年7月 4日 (水) 21時03分

"ご自宅"においでいただいて飲みつくされる
という恐れもあるので、9日のゼミ会に
持っていきましょうか。でも、料理屋さん
への持ち込みですから、大量には無理です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年7月 4日 (水) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/55120844

この記事へのトラックバック一覧です: 雑295:25年物の梅酒:

« 山085:梅雨の晴れ間の妙義山は登ったり下りたり | トップページ | 本120:筒井康隆の「聖痕」、朝日新聞連載へ »