« 雑291:水出し紅茶で割ってみた | トップページ | 路216:路傍の花を »

2012年6月22日 (金)

雑292:樹が切られる

酔仙の団地の真ん中の、スーパーやお店が集まっているところに駐車場があって、楠の樹が何本か植えられている。先日通りかかったら、みんな根扱ぎに切られていた。駐車スペースを広げるために切ったものだろうか。

20120617001


団地が出来て以来だから、20年余り育っていて、根も一杯に張っていた。

20120617003


日陰もなくなり、殺風景になるのに、もったいないことである。落ち葉が邪魔だから、街路樹を伐れという人もいたという。人間と樹木、動物とどちらが先に地上に生まれたのか。目先の経済、効率で利便を追い求めることの愚に、いいかげん気づくべきではなかろうか。

|

« 雑291:水出し紅茶で割ってみた | トップページ | 路216:路傍の花を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/55028100

この記事へのトラックバック一覧です: 雑292:樹が切られる:

« 雑291:水出し紅茶で割ってみた | トップページ | 路216:路傍の花を »