« 雑277:雨の中の花 | トップページ | 遊165:八甫の鷲宮神社でお神楽を楽しむ »

2012年4月14日 (土)

雑278:連翹忌って、誰だったっけかなぁ

連翹の花を見て、「連翹忌」という言葉が浮かんだが、はて誰の命日だったかが思い出せない。

20120414011

河童忌、檸檬忌、桜桃忌、菜の花忌、憂国忌・・・・と数えてみたが、思い出せない。あきらめてネットで検索してみた。・・・・4月2日、高村光太郎か。

そういえば、『ケナリ(連翹)も花、サクラも花』は鷺沢萌だったな。酔仙としては、ケナリ忌の名を献呈したいものだ。

|

« 雑277:雨の中の花 | トップページ | 遊165:八甫の鷲宮神社でお神楽を楽しむ »

コメント

いつもながらの博識に感服。
鷺沢萌という全く知らない名前になると驚くのみ。
高騰遊民を返上しなければ?と思いました。

投稿: 横須賀の高等遊民 | 2012年4月14日 (土) 20時39分

レンギョウって、いつも遠くから『あ、咲いてる…』と眺める花です。
こんな風に近づいて見つめるとまるで違うモノのように感じます。
*******
20年前、会社のナンチャラ大会で4月のソウルに行った時、この黄色と
桃(?)のピンクが若葉の緑と同時に目に飛び込んできて、韓国の
鮮やかな色合わせのモトがわかったような気がしました。
日本の色調とは別の美しさでした。

投稿: ぷうぷう | 2012年4月14日 (土) 21時25分

>高騰遊民・・・・・
高く騰って遊ぶ、変換ミスとは思えない。
酔仙も高騰遊民でありたいとは思うのだが
いまだ徘徊遊民にとどまっています。

>4月のソウルに・・・・
いい季節ですね。韓国の花見といえば
躑躅(チンダルレ)もきれいです。
花の時季に、酒、料理をならべてチャングを
打って踊りに興じる。野遊びという言葉が
ぴったりする情景です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年4月15日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/54470038

この記事へのトラックバック一覧です: 雑278:連翹忌って、誰だったっけかなぁ:

« 雑277:雨の中の花 | トップページ | 遊165:八甫の鷲宮神社でお神楽を楽しむ »