« 路212:古河の市内を歩いてみた | トップページ | 雑274:芝桜が咲き始めた »

2012年3月28日 (水)

雑273:畑で燃やす

畑や庭の枯れた枝、古い支柱、個人情報を含む紙くず、お焚き上げするお守りなどを、時々まとめて畑で燃やす。古いブリキの一斗缶に穴をあけて使っていたのだが、火と雨ですぐにぼろぼろになるし、近頃は空き缶も少なくなった。そこで、ジョイフル○田で耐火煉瓦を買ってきて、これを積み上げて燃やしてみた。

20120327001

なかなか具合良く燃えてくれる。使わないときは積み上げて片づけできる。

|

« 路212:古河の市内を歩いてみた | トップページ | 雑274:芝桜が咲き始めた »

コメント

10才まで住んでた家の風呂は、薪で沸かすタイプだったので、
風呂番をしながら人に見られたくない紙ゴミをじゃんじゃん
燃やせて、まことに好都合であったわ。今はホントに困ってます。
ポイント引き換えで小型のシュレッダーを手に入れたけど、
なんせ手動式なのでラチがあきません。
強力なシュレッダーを一日レンタルしようかと真剣に考えました。

投稿: ぷうぷう | 2012年3月29日 (木) 20時02分

昔、お風呂の水汲みと風呂釜を焚くのは
子供の仕事でした。井戸水が電気ポンプ
から上水道に変わり、風呂釜は全自動の
ガス釜に変わりました。金を払ってゴミを
捨てる。なにかいけないことをしている
ような気持ちになります。

酔仙家では、生ゴミは堆肥にしてますが
これで、回収に出すゴミはずいぶん減り
ます。物を浪費しない生活を考えないと
いけない時代になってきています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年3月30日 (金) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/54331876

この記事へのトラックバック一覧です: 雑273:畑で燃やす:

« 路212:古河の市内を歩いてみた | トップページ | 雑274:芝桜が咲き始めた »