« 印069:許我篆刻会展はじまる | トップページ | 雑270:はてどう料理しようか »

2012年3月20日 (火)

雑269:畑のかき菜はこれから

寒さで遅れていた春野菜だが、ようやく収穫できるようになってきた。かき菜は初収穫で袋にいっぱい。これからどんどんわき芽が出てくるので、食べきれなくなるかな。

20120320001

|

« 印069:許我篆刻会展はじまる | トップページ | 雑270:はてどう料理しようか »

コメント

冬期に成長して春先に収穫するため農薬の
使用が少なく、1株から3回ほど収穫できる
ので、高齢化時代には打ってつけの野菜の
ようですね。
かき菜という名称は、成長中の若芽を掻き
取って食用とする事から名付いたもの、と
言うことも初めて知りました。

投稿: yone | 2012年3月21日 (水) 11時18分

JA佐野では、「佐野そだち菜」ブランドで
売り出していますが、万葉集の東歌にも
詠われている伝統野菜だそうです。
植えておくだけでまったく手間要らず、
わき芽をつぎつぎに食べられるので、家庭
菜園には最適です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年3月21日 (水) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/54267462

この記事へのトラックバック一覧です: 雑269:畑のかき菜はこれから:

« 印069:許我篆刻会展はじまる | トップページ | 雑270:はてどう料理しようか »