« 遊156:山をあきらめて、笠間の寺社と雛めぐり | トップページ | 雑267:K日向小の一般公開最終日 »

2012年2月29日 (水)

雑266:春の大雪

閏月の最後の日になって、天気予報どおり、未明から雪が降り続けている。お昼を過ぎてもまだ降っている。

20120229001_2

午後のパソコンサークル教室も、お休みの連絡があった。さて、片付け仕事はいろいろとあるのだが、寒いとどうも億劫になっていけない。

|

« 遊156:山をあきらめて、笠間の寺社と雛めぐり | トップページ | 雑267:K日向小の一般公開最終日 »

コメント

今日はもちろんテニスは駄目。
昨日一緒に練習して、2ゲーム出来た
ので、良かったです。

我々のホームコートは、土曜日も
危ない様に思いますが、他のオムニ
コートでする予定なので、何とか
雨や雪にならんことを祈るばかりです。

投稿: yone | 2012年2月29日 (水) 19時25分

>他のオムニコートで・・・・
って、なんだろう?
ほほう、住友ゴムグループの製品ですか。

1) 耐候性ポリプロピレン芝
2) 目砂(特殊調整硅砂)
3) 透水性基布・バッキング
4) 透水性アスファルト層
5) 砕石路盤
6) 暗 渠

を重ねて透水性、全天候性を確保と、
なるほどわかりました。
でも、そこまでしてテニスをしなくても
雪が降ったらコタツで丸くなっていても
いいように思うのは酔仙だけかな。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年2月29日 (水) 22時01分

わぁ・・・ 本当に降って積もったンですね。
普段と少し違うことが起きた時には、EX.パソコン教室を休みにするとか、
柔軟に対応できる姿勢がいいですね。

いろんな災害も科学的に予測できなければ、えらく非難されてますが、
一年後の○月○日の天気も予測できないのだから『科学』を過信しては
イカン!!とツレが申しておりました。

投稿: ぷうぷう | 2012年3月 2日 (金) 07時57分

埼玉の酔仙さん おはようございます。

私のブログへのコメントをありがとうございました。

K小学校の閉校が22年とは!学校の歴史が閉じてしまうのは、ちょっと早すぎますね。
埼玉の酔仙さんにとって、そして息子さんたちにとっては思い出がぎっしり詰まっていると思います。
「ありがとう」「さようなら」・・・心中お察しします。

投稿: SHOW | 2012年3月 2日 (金) 08時51分

先日の
関東地方の大雪は大変だったですね。

3月に入り、いよいよ春という気候になってきました。

季節の変わり目はとかく体調管理が難しいものです。
くれぐれもご自愛のうえお過ごしくださいね。

投稿: SHOW | 2012年3月 2日 (金) 08時53分

>いろんな災害も科学的に予測できなければ・・・・
科学過信はこんどの震災でぼろぼろにはがれてます。
まともな科学者と言うのは、科学の限界を知っています。
地震予知は無駄とは言わないが、優先順位としては
減災、つまり十万人死ぬところを五万人にするほうが
先にやるべきことだと思います。
東京一極集中を放置して、高層ビルを建て続け
そこに4千億円でオリンピック招致などというのは
狂気の沙汰でしょう。必ずや関東大震災で報いが。

>学校の歴史が閉じてしまうのは・・・・
既に高島平団地などの、先行例があるのだから
団地を造る時、家を買う時に、集中して入居すれば
将来、少子高齢化で老人団地になるのは当然なのですが
その頃はバブルの登り坂で、私も含めて誰も先のことを
考えていなかったんですね。反省しても遅いですが。
今となっては無駄に立派な、この跡地をなんとか
老人ホームとして再生してほしいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年3月 2日 (金) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/54105478

この記事へのトラックバック一覧です: 雑266:春の大雪:

« 遊156:山をあきらめて、笠間の寺社と雛めぐり | トップページ | 雑267:K日向小の一般公開最終日 »