« 印059:篆刻教室再開 | トップページ | 路207:冬の入口なのに桜の花が »

2011年11月14日 (月)

雑250:韓国の宋素姫(正:宋素喜) を聴いてしまった

韓国フリークの酔仙が、たまたまユーチューブをふらふらと聞き歩きしていたら、韓国のすごい天才歌手を聴いてしまった。宋素姫 宋素喜。「国楽神童」と銘打っているが、パンソリの神童といったほうがいいだろうか。第一印象は、美空ひばりの再来、である。弱冠13歳、(@_@;)、酔仙は一応ロリではないのだが。

201111144c37e4f17b00f

日本のネットではまだブレイクしていないようなので、"SongSo-Hee"で検索した方がよさそうだ。しかし、世の中にはすごい才能があるものだ。

http://www.youtube.com/watch?v=0rKtZ7iDOE0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=5UsVgoBSYXo

試聴された方の感想をお待ちしています。

|

« 印059:篆刻教室再開 | トップページ | 路207:冬の入口なのに桜の花が »

コメント

早速試聴させていただきました。
可愛らしい顔で、声はえらく成熟してますね。
盆踊りの櫓の上で歌ってるオバサン演歌歌手みたい??
私は、このお嬢さんの声よりも姿・形・所作の美しさに魅かれます。
悪いオジサンにだまされたりせず、伸びやかに成長して花開いてほしい。。。
そんな感じデス。

投稿: ぷうぷう | 2011年11月14日 (月) 23時16分

ご試聴ありがとうございます。
韓国の歌の基底にはパンソリがあるようです。
前に、韓国映画『風の丘を越えて/西便制』を
見たいと思いながら見損なってしまいました。
捜せばDVDがあるかもしれませんが。

そういえば、美空ひばりは田岡組長に
可愛がられていましたが、あれは「悪い」
オジサンだったのか、良いオジサンだったのか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年11月15日 (火) 12時04分

すごい天才が現れたな・・・
これ、言葉を超えている。
日本でなまの声でぜひ聴きたい。

投稿: もと | 2012年5月 5日 (土) 23時40分

コメントありがとうございます。
日本の演歌と韓国の歌謡曲とは同根らしく
感情に共振する部分が多くあります。
チョーヨンピルもパンソリが根っこに
なっているとか。日本の大晦日の紅白も
在日(系)歌手が抜ければ成り立たないと
言われています。

宋素姫の日本公演があれば、ぜひ聴きに
行きたいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年5月 6日 (日) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/53246218

この記事へのトラックバック一覧です: 雑250:韓国の宋素姫(正:宋素喜) を聴いてしまった:

« 印059:篆刻教室再開 | トップページ | 路207:冬の入口なのに桜の花が »