« 政029:シベリア抑留のポスター | トップページ | 山076:尾瀬は晴天に紅葉(1)、三条の滝へ »

2011年10月12日 (水)

雑242:トルコのカラスミ

海外出張土産にと、トルコのカラスミ(唐墨:ボラなどの卵巣を塩漬保存したもの) をもらった。パックのアルミ箔を開くと、なにやら淡黄色の塊が。

20111012001_2

日本向けに造っているのかと思ったが、ネットで調べたら、もともと、パスタの具などに地元で造っているものだという。淡黄色は保存のために表を蜜蝋で固めてあるもの。切ってみれば、中は濃赤色のカラスミに間違いない。ちょっと濃い目の味付け。

20111012006

今日は、焼かずにそのままでいただく。ねっとり感には、寒梅の特別純米ひやおろしが合いますな。

10/12 追記、長崎のからすみ屋さんも言及していました。http://onoharahonten.blog130.fc2.com/blog-entry-6.html

|

« 政029:シベリア抑留のポスター | トップページ | 山076:尾瀬は晴天に紅葉(1)、三条の滝へ »

コメント

ねっとり感には、寒梅の特別純米ひやおろしが合いますか。
いや~堪りませんなぁ。

保存のために、表面を蜜蝋で固めて淡黄色をしたものは、初めてです。
しかし中身はいい色をしてますね。

投稿: yone | 2011年10月13日 (木) 20時01分

カラスミにはやはり日本酒です。
削りおろしてパスタに絡めるというのは?
どうも想像がつきにくい。
日本産の数分の一のお値段なので、日本人
観光客がイスタンブールの市場で買い求める
らしいです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月13日 (木) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/52973974

この記事へのトラックバック一覧です: 雑242:トルコのカラスミ:

« 政029:シベリア抑留のポスター | トップページ | 山076:尾瀬は晴天に紅葉(1)、三条の滝へ »