« 雑245:ヤマイモの収穫 | トップページ | 路206:カスリーン台風の記憶と »

2011年10月29日 (土)

雑246:プリンターのインク交換

先日買い換えたEPSONのプリンターだが、最初のインクカートリッジがはやくも残量切れになったので、代わりのインクを購入した。

メーカー純正品だとカートリッジごと入れ替えるので、4色各一個@¥1,050。ネットでいわゆるサードパーティー製品を捜して、"えこねっと"(シーコネクト社)のインクを購入した。4色カートリッジと30ml詰替えボトル+サービスボトル1本のセットで¥4,400。ボトル一本でカートリッジ3回充填とすると、1回あたり約@¥232。ただし、インク残量検知機能は働かなくされるので、時々目でインク残量を検知しなければならない。(-_-メ)

20111029002

だいたい今のプリンターのメーカーは、機械本体を安く売っておき、インクカートリッジを高く売りつけて儲けるというビジネスモデルをとっている。どこのメーカーも(多分、協定して)詰替えインクは販売せず、サードパーティー社の詰替えインクを使用すると、残量検知機能を使えなくするなどの妨害策を講じている。

酔仙も一ユーザーとして、極めて不満である。こういう露骨な囲い込み商法は、やはり糾弾されるべきだろう。正当な価格のプリンター本体と純正詰替えインクとを売り出すメーカーの出現は難しいのだろうか?

|

« 雑245:ヤマイモの収穫 | トップページ | 路206:カスリーン台風の記憶と »

コメント

早くもインク切れとは相当プリントしてますね~。私は写真をプリントすることがないのでもう一年以上もインクを買ったことがないです。計算すると町のお店で昔のようにプリントしてもらったほうが安いってことはないのでしょうか?

サードパーティー製のインク。ヨドやビックなどのお店には大手メーカーと同じくらいのスペースで売られています。お店にとってはこちらを売ったほうが儲けられるんでしょうね。たぶん。

投稿: vagabond-k | 2011年10月29日 (土) 23時49分

自分の写真アルバムはすべてパソコン内に
保存しているのですが、あっちの山の会、
こっちの山の会、そっちのクラス会と
案内、レポートや写真の配り物が多い
ので、インクのなくなるのが早いのです。
それからウチのカミサンは写真を紙に
プリントしないと納得しないのです。(笑

プリンターを長く放置しておくとインクが
固まったりするので、たまには動かすと
いいですよ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月30日 (日) 09時33分

インク代って結構バカになりませんよね。
気安く「プリントするから転送していいよ!」と先日、会社のOB会で話してしまったら、来るは来るはみんな送ってきたよ!
写真屋に出したほうが手間など考えると断然得ですね。単価もそれほど変わらないし自宅のプリントは請求書出し難い。
ケチをつけるのがいるからね。

そういえば、私の買ったプリンターの値段は
前に11,000円と報告しましたが、なんと17,000円でした。領収書ありました。
酔仙さん安く買ったんですね。!

投稿: 川崎の酒仙 | 2011年10月31日 (月) 12時03分

これからの時代、写真はプリントするもの
ではなく、モニターで見るものになります。
それにしても、OBの皆さんは、写真の
データファイルがあるのなら、なぜプリント
が必要なのかな?次回はプリント代行業は
ことわりましょうね。

このプリンターは量販店には珍しく、2年前
の型落ちで現品一台限りなので安かったの
です。電子機器の性能と値段は、怖ろしい
ほどのスピードで移り変わります。
最先端を買うか、見切るか、温故知新か。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年10月31日 (月) 16時57分

プリンター(インク)論議で盛り上がってますね。
うちのは2008.1に13500円で買ったEPSON PM-G860。630円で5年保証を付けました。
インクは6色セットで、交換サインが出てもしばらくはそのまま使います。<== ケチケチ
その前のHPのインク・カートリッジは三原色が一つにセットされていて、他の色が残っていても
黒が無くなると交換が必要でした。

私は自分で描いた絵の絵葉書プリントを売っているので、純正部品以外を使うのをビビって
います。どんなもんでしょね。

投稿: ぷうぷう | 2011年11月 1日 (火) 21時38分

サードパーティーのカセットや詰替えインクを使うと、
万一故障の場合に無償修理をしてくれません。
もっとも、「純正インクしか使っていない」と
言い張った場合にバレるか否かはまだ試していません。
絵葉書プリントを一枚¥100で1000枚以上売り捌いて
いるのなら、サードパーティー物をお勧めしますが・・・・。(^_^;)

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年11月 2日 (水) 16時43分

プリンター本体を安く売って、インクを高く売る。
これ同感です。
どうせならプリンター本体を無料で配っちゃえばいいのです。

詰替えインクを使うと、
万一故障の場合に無償修理をしてくれないそうですが、
修理代が(キャノンの場合)9,800円均一ですので、
新しいのを買った方がいいくらいです。

詰め替えインクの色はキレイですか。
   (*^-^)

投稿: 山豚火 | 2011年11月 3日 (木) 18時32分

キャノンの修理代¥9800、
Epsonの新品で(型落ちだけど)¥5800・・・
壊れたら買い換えたほうがいいですね。
でも、こんなモッタイナイ時代がいつまで
続くもんでしょうかね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2011年11月 3日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/53114192

この記事へのトラックバック一覧です: 雑246:プリンターのインク交換:

« 雑245:ヤマイモの収穫 | トップページ | 路206:カスリーン台風の記憶と »