« 山075:鼻曲山、霧積温泉、横川をのんびりと(2) | トップページ | 路203:縦割り住宅 »

2011年9月20日 (火)

雑236:梅の甘露煮

酔仙家の床下には10年超の梅酒がまだ幾瓶もある。ただ、封を切って飲んでしまった後に残る梅の実をどう食べるかが問題。ネットでレシピを捜して、甘露煮を試作してみた。爪楊枝で穴をあけ、砂糖・酢・水を足して、弱火で30分ことこと煮込むだけなので簡単そうだ。

ただし、土鍋かホーロー鍋を使わなければ、酢で腐食してしまう、との注意書き。そうか、釜めしの空き釜があった。

20110920001

↓で、なんとか試作品の出来上がり。

20110920002

軟らかくて食べやすくなった。梅のエキスがお酒に溶け出した後なので、ちょっと味が物足りないようにも感じる。もう少しコクのある味付けにできないかなあ。

|

« 山075:鼻曲山、霧積温泉、横川をのんびりと(2) | トップページ | 路203:縦割り住宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172147/52785717

この記事へのトラックバック一覧です: 雑236:梅の甘露煮:

« 山075:鼻曲山、霧積温泉、横川をのんびりと(2) | トップページ | 路203:縦割り住宅 »