2018年2月24日 (土)

雑622:ゆうゆうクラブで芋煮会

K日向ゆうゆうクラブ(町内の老人会)で、酔仙は事務局役なのだが、今月24日は、定例会に合わせて、「男料理、本場山形の芋煮会」を開くこととなった。ボランティアクラブのⅠさん、Nさん、Aさん3人のご指導を頂いて、今回初めての試みである。

前日午後から準備にかかる。サトイモ、ネギ、フキノトウは、会員の畑から。地産地消である。他に、コンニャク、ゴボウなど。肉は牛のバラ肉で。

20180223_001

サトイモは、1個づつ、包丁の背で皮をこそげて薄皮を残す、というので、けっこうな手間だが、人海戦術で片づける。

20180223_006

小鍋で試作、試食。醤油、味醂、日本酒だけの単純な味付けなのだが、これがめっぽう美味しい仕上がりで、皆さん完食。これなら、明日も大丈夫。材料を冷蔵庫にしまって帰宅。

さて、24日の当日は朝10時から準備にかかる。前日に材料の準備を済ませているので、後は大鍋3個で煮ていくだけ。うん、うまく出来あがった。丼によそって、参加者30名に次々に配膳していく。

20180224_009

おっと、その前に本日の鍋奉行、Ⅰさんから、本場山形芋煮会についての薀蓄も一席。秋の収穫の後、町内会、近隣、職場、学校などで、レクリエーションを兼ねて河原に材料持寄りで集まって開かれるのだと。

20180224_007

彩りのフキノトウが、春の香りを吹き込んできて、イモも野菜も美味。皆さんにもとても好評で、お代わり々々が相次ぎ、〆のうどんも好評、仕込んだ鍋すべて完食。来年もぜひ、との声で、多分、定番行事になりそうである。

20180224_005

皆さん、十分ご満足頂いたようで、散会、後片付け、帰宅の道についた。ご指導の御三方、準備からご尽力いただいた皆さま、ありがとうございました。また、次回もよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

印178:「胡」印一顆

教室の展示会などで、落款として捺す自分用の印は、作品の大小に応じて揃えておかねばならない。手の空いた時に、「胡」印を一顆作り足した。

20180219_004

酔仙は、昔は「黒豹子」や「酔胡」を号していたが、ブログを始める時に、李白に因んで、「埼玉の酔仙」をHN(ハンドルネーム)として加えた。その後、篆刻や篆書の作品用にと、さらに「胡仙」の号も加えた。

聊斎志異などで良く、「胡〇○」という登場人物がでてくるが、胡=狐で、中国語では同音(ホー)なので、すなわち、狐が化けた仙人、ということになる。タヌキではない。(笑

20180219_002

5分(15ミリ)角である。少し使いこんだら味が出るかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

雑621:力士蔵祭りは3月10日開催

新春恒例の「力士蔵祭り」の案内DMが旧騎西町の株式会社釜屋から今年も届いた。3月10日(土)開催、雨天決行。

(↓以下、クリックして拡大)

20180217_001

20180217_002

前後して、町内のNさんから、参加希望者の召集メールを受け取る。もちろん、酔仙参加の返信を打った。

事前エントリー不要、HW駅8:51発のJRで、東武、バスを乗り継いで会場の釜屋酒造へ向かう。マイカーならドアツードア30分で行けるのだが、呑兵衛のために呑まずに運転してくれる奇特な家人はいないようだ。(^_^;)

町内、町外、呑兵衛に国境はない。春の半日を楽しく遊仙境に過ごしたい方々の参加をお待ちしています。

おっと、DMがもう1枚。純米吟醸酒槽取り無濾過生原酒釜屋「雫滴(しずく)」が、2月26日から限定発売か。去年飲んで美味かったからなあ。予約しておかねばなるまい。

20180217_003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

印177:豆印で、「亥」4顆、「迂」2顆

来月の、古河の篆刻教室展示会に出品の為、大きな印1顆、篆書1枚のノルマ。今日の教室で、やっとこさメドが立った。「亢龍有悔」印は、補刀が終わって、あとは捺印落款へ。「借問酒家何処有」篆書は、書きあがった中から先生に選んでいただき、軸装に回すところまで。

正確に言えば、「これがいいです、これで行きましょう」ではなく、「これ以上は無理でしょうから、これで行きましょう」という評価だな。(^_^;)

それにしても、74X74ミリの大印というのは、展覧会以外では全く使い道が無いのだがなあ。こういう大きな印を彫っていると、反動で、逆に小さな印を彫りたくなってしまう。で、大印と篆書の制作の合間に彫りためた豆印が、「亥」4顆、「迂」2顆。

20180211_005

ちょっと気が早すぎるかな。

20180211_001_2

20180211_001_2_2

2分(6ミリ)角と、3分(9ミリ)角。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

雑620:術後途中経過をご報告

昨年8月1日に腰椎固定手術を受けて、6ヶ月目の検診に、先週出かけてきた。N先生が、レントゲンの画像を見ながら、「まあ、”ネジが抜けることもなく”、腰椎の後ろ半分は骨が固まっています。前半分にまだすき間が残っているがあと半年で、全部かたまるでしょう。」とのこと。素人目には、よく判らない変化。

(↓クリックして拡大)

20180205_001

「これからもコルセットを装着したままだと、腰の筋肉が衰えてしまうので、普通の生活に戻して、慣らしていきましょう。急にコルセットをはずすのが不安だったら、一ヶ月ほどかけて徐々に。次はまた6か月後に検診します。リハビリ中の生活指導などをお望みなら、かかりつけの医院へ紹介状を書きますよ。」

で、紹介状を頂いて帰宅し、まずは、6ヶ月ぶりのお風呂に入る。寒波の続くこの季節には、シャワーと違って体の温まるお風呂は有難い。車の運転も慣らしていかねば。

毎日朝夕のウォーキングとスクワットを続けて、まだもう少し、時間をかけて取り戻していこう。目標は、おへんろ再開と山歩き。おっと、その前に、この春のお花見が待っている。(*^_^*)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

雑619:春が近い

北陸では豪雪が続いているが、関東平野では、晴れ。寒さも和らいできている。先日来の積雪もあらかた融けた。春が近づいてきている。

20180209_001

町内の DogRunsWell のお店では、ワンちゃん用のバレンタイデーのサインボードが描きだされている。

20180209_003

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

路283:読めないスペル

今朝もいつものウォーキング。いつものコンビニコーヒーを飲もうと立ち寄り、ふと駐車場のトラックの横腹を見ると。

20180205_002

ん? 「UTEKAT」、何だこれ?MAERSKとか、CMA CGMとか、HANJINならわかるが、新しい外国の運送会社かな?
反対側に廻ってやっとわかった。

20180205_001

「TAKETU」だった。武津さんか竹津さんの会社なんだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

政113:狂気の骨牌核戦略に慄然、唖然

今日の朝刊一面記事を見てびっくり、慄然、唖然。あの骨牌大統領が新戦略で核兵器の強化に舵を転じるのだと。

(↓以下、クリックして拡大)

20180204_001

20180204_002_

20180204_003_

オバマ前大統領の掲げた「核なき世界」は理想論かもしれないが、理想は掲げ続けてやっと半歩進むものである。しかし、理想を捨てて、核による覇権を宣言すれば、後は坂を転げ落ちるように核軍拡競争と破滅に直行するしかない。

記事の最後を読んで唖然とした。河野外相が間髪をいれず、骨牌戦略に(批判ではなく)賛意を表したと。アンタはどこの国の大臣なのか?

『ヒロシマ、ナガサキへの核投下は、(米国人の)損失を減らして勝利を早め、ついでに黄色人種での人体実験もできたので、正しい選択だった』とするブラックUSA。AB政権は、このブラックUSA(米帝)に、完全に自発的隷従をしている政権なのだと、あらためて知らされた。で、一句できた。

”売國を 唐様で書く 三代目”

さて、亡国、亡地球のカウントダウンはどれだけ進んだだろうか。(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑618:立春大吉

2日の二度目の雪の後、やっと暖かくなってきて、固かった雪氷がぐずぐずとなり、どんどん融けてゆく。ウォーキング途中で、ほころび始めた梅の花を眺める。

20180203_003

酔仙家では、豆もまかず、巻ずしもかぶりつかなかったが、それでも立春大吉、季節はめぐってくる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

雑617:今朝の雪

先月の大雪から10日、寒波が居座って残雪もまだ解けないうちに新しい雪が降った。今度は牡丹雪で、道に降った分はすぐに融けていく。

20180202_002

春までもう少し。雪道で滑らないよう注意しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«印176:山月磊々印