2017年11月19日 (日)

印164:希夷斎氏の「萬歳富貴宜子孫也」印

酔仙のネット知り合いの印人、篆刻工房 希夷斎氏が先月、個展「希夷斎の奇異祭」を開催された。何とか見に行きたかったのだが、在宅リハビリ中で残念ながら日本橋まで行けなかった。

展示された印や刻字を、終了後に再頒布するとのことなので、残り物に福ありと、一顆を送っていただいた。おまけには、作品集とDVDも添付されてきた。

20171119_005

めでたい吉祥句の「萬歳富貴宜子孫也」、9分(27ミリ)角。これだけの文字の配置と、線の滑らかで力のある出来上がりは、さすがの腕前である。

20171117_001

まだ他にも良い印が残っているので、興味のある方は氏のホームページへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路275:駐車場

朝のウォーキングの途中でふと目がとまった、ウナギの寝床状の細長い駐車場。この陰にもシーツをかぶせた車がもう一台あるから、計6台。

20171117_003

少なくとも後ろの3台は、出入りのつど、前の車を動かさなければならないのだが、毎日の暮らしが面倒だろうなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

雑591:「てん」という字はどう書くの?

先ほどテレビを見ていたら、クイズ番組で、東大漢字王と天才漢字少年とが対決して、「てん」と読む漢字を交互に出しあっていた。

漢字の読みを言うのは(比較的)容易だが、逆は難しい。15文字目で、「囀」を少年が書き損じて終了。

20171113_001_2

しかし、「篆」がどちらからも出てこなかったということは、やはり、篆刻はマイナーな趣味だということなんでしょうねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

雑590:コンビニの百円コーヒー

朝と夕方の在宅リハビリウォーキングのついでに、コンビニに立ち寄って百円コーヒーで一服するのが、すっかり習慣になってしまった。コーヒーマシンを見比べてみると。

西のファミリーマートのエスプレッソ。抽出口が二つ並んでいて、コーヒーとラテとが同時に注がれる。向かって右側がホットの押しボタン。

20171111_001

東のミニストップのカフェ。抽出口は一つで、ブラックコーヒーが注がれる。向かって左側がホットの押しボタン。抽出中は透明プラのカバーでロックされる。

20171111_004

北のセブンイレブンは、コンビニコーヒーのパイオニアなのだが、ここには休憩スペースが無いので、1、2度飲んだだけである。駅前のセブンイレブンは休憩スペースがあるが遠いからなあ。

それにしても、コンビニ間の競争も熾烈だが、既存のコーヒーチェーン店も影響甚大だろう。

11/13 追記

コンビニ百円コーヒー元祖ののセブンイレブンには申し訳ないので、今夕のウォーキングで、駅前のセブンイレブンまで足を伸ばしてきた。

20171113_001 20171113_002

抽出中のプラのカバーは、空気穴が無いので湯気で曇る。そのほうが雰囲気があるのかな。ホットの押しボタンは上側についている。抽出口は一つだが、カフェラテ用には、別の専用台が設けられているので、それなりにスペースをとっている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

雑589:消防署で救命訓練

昨7日は、民生委員30人余りで消防署員から救命訓練を受ける。家の近所の西分署なので歩いて行けるのがありがたいが、酔仙はまだ体幹の曲げ伸ばしが不自由なので、DVD以外の、体を動かしての訓練部分は見学で。3年前にも一度受講しているので、思い出しながら。

 

20171107_001

 

胸骨圧迫と人工呼吸、AEDを使っての心肺蘇生を繰り返す。途中で、救急車の呼び出し放送が入ったり、委員の一人が体調不調で運ばれたり、思いがけない所で緊張感が走った。

 

3時間の訓練を終わって、無事に普通救命講習修了証をいただく。万が一、実際の現場に遭遇したら、訓練のようにうまく動けるか、かなり心もとなくはあるが。

 

20171107_004

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

路274:ウォーキングのついでに

朝夕のウォーキングのついでに、ご近所のあちこちでいろいろなものが目についてくる。町内の酒屋さんが引っ越した後に、やっと次のテナントのコインランドリーが決まったようだ。機械が搬入されて、時給920円のパート募集の貼り紙。連絡先の市外局番が、04-・・・だから、千葉の会社か。でも、正直、この立地で客が来るのかなあ?

20171105_009_2

駐車場の脇に10年前の古い貼り紙が残っている。「・・・昭和63年末以来永らくお世話になりましたので、利用者全員にたいし来る平成19年1月1日より、新料金¥4,000に改めさせて頂きますので・・・・ ・・・・20周年に付き」と。

20171106_002_2

酔仙が平成元年に転居してきて、既に29年。時は流れてゆく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日)

雑588:今朝の紅葉

今朝のウォーキング、近所の公園ではケヤキもきれいに紅葉して散り敷いている。

20171105_002

同じケヤキの樹なのだが、黄色く黄葉する木があれば、赤く紅葉する木もあるのが不思議である。もうすぐ木枯らしの季節がやってくる。

20171105_007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑587:歌仙「戦さあるな の巻」

今日の朝日新聞朝刊10面は、朝日歌壇俳壇の選者8人による歌仙「戦さあるな の巻」。興味のある方は、下記を↓クリックしてお読みください。

20171105__001

20171105__002

36句をさっと読み流したのでは、その流れや関係がよくわからないところも。下の8人の自註を読みながら句を味わうと、なるほど々々と面白味が倍増する。「トランプの膝で吠ゆる宰相」はストレートだが(笑、さて、後世にはどう読まれるか。

「山河すたれて春おぼろなり」がこの国の未来を予言する挙句かも。

近代の文芸は、個人一人々々が創作して読者は作品だけを読む、というのが前提だが、連歌では集まったグループ(連衆)全体としての雰囲気、つながり、やりとりが前提になる。新しく見直されてよい文芸だろう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

雑586:先輩!ようこそ ありがとうの会

昨3日は、文化の日(明治節)で、町内の2丁目自治会主催により、「先輩!ようこそ ありがとうの会」が開催された。最近は「敬老会」というとどうも敬遠されるので。

酔仙も地区の民生委員ということで招待されて参加した。なかなか立派なお弁当にお赤飯もいただく。

20171103_008

プログラムも盛りだくさんで、まずK日向グリーンエコーの女声合唱で4曲。

20171103_007

よっちゃんバンドは、ブルーシャトウから始まって、アンコールには岬めぐりを。

20171103_011

みんなで、「高校三年生」などの懐メロを唄う。後半では、漫才とベリーダンスが、K日向ご出身のツテでボランティア出演。

20171103_025 20171103_026_2

最後はやはり定番のビンゴ。時間短縮のため、最初に、中央と四隅を開いてから始めたが、それでもなかなかつながらないものだ。賞品には埼玉のお米「きずな」を金賞5㎏から。酔仙も参加記念で2合袋をいただき、楽しく散会した。

20171103_047_2

今回がはじめての試みで、自治会の役員さんたちのご尽力も大変だったろうな。来年にもつながればよいのだが、さて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

雑586:今日の夕方のウォーキング

雨が降らなければ、毎日、朝と夕方のリハビリウォーキング。秋から冬へと、陽の落ち方がどんどん早くなってゆく。今日の夕方も、コンビニコーヒーで一服する頃には、こんな柔らかな色の夕焼雲が。

20171101_003

東の空には早い月影。今日は10,889歩。

20171101_006

今日のパソコンサークルで、彫りためた「戌」の小印を皆さんに配ったが、まだ10数顆残っている。売れ残れば12年先までの滞貨。そうだ、3日には敬老会があったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«雑585:今朝の秋空と秋風